第一印象を決定づける名刺交換の小技テクニックをご紹介しています!!

 

ビジネスマナーの基本中の基本と言えば『名刺交換』

学生の時も就職活動などで名刺交換をする機会はあったかもしれませんが、実際に会社に入ってからの商談の場での名刺交換は全く別物

自分は座っているだけでも、相手にはきちんと見られています。

この会社は新人の教育がなっているかどうかなんてのは、百戦錬磨のビジネスマンからしたらすぐにわかるもんです。
いくら提案の内容が良くたって、マナー不足のせいで商談が破棄になってしまうケースも山ほどあります。

最初は緊張するかもしれませんが、名刺交換はきちんとしたルールを覚えれば難しいことはありません。

このページでは相手から好感をもたれやすい名刺交換についてのテクニックを書いていきますね♪

 

●訪問した側が先に名刺を差し出すこと
まず抑えておきたいのが名刺交換をする順番。これは基本的に訪問した側から名刺を差し出すのがセオリーです。さらに複数の人で訪問した場合にはこちら側の役職が高い人と相手側の役職が高い人とがまず交換します


相手の役職等がわからないことも多いため、迷ったら自分から名刺を差し出すような習慣を身に着けておくのがよいでしょう☆

●両手でもらい両手で渡す
名刺を差し出す際に注意することとしては、「両手で渡すこと」。間違っても片手で渡してはいけません!年配のちょっと役職のある方だと意外と片手派の人もいるんですが、これはある意味その人のキャラクターがあってこその応用技なので決して真似しないように・・・。
もちろん新入社員や営業側が片手で渡すなんてことは論外です。


また、相手の名刺を受け取る際にも絶対に両手で受け取ること。ほぼ同時に名刺を差し出すケースも結構多いとは思いますが、そういった場合は右手で自分の名刺を差し出し、相手の名刺を受け取ったらすぐに右手を添えるようにしましょう!

あと名刺をもらった場合の「一言」があるとグっと場も和むものです。


「●●様でよろしいでしょうか?」「お名前、どのようにお呼びすればよろしいでしょうか?」などなど、相手の名前の呼び方がわからないケースも多いのでそういった場合は最初に聞いておくのが会話がスムーズに流れます。


ちなみに名刺を差し出す高さは相手よりも少し低めにするのがオススメ
これはお辞儀のような意味合いで相手にこちらの謙虚さが伝わり、目上の人や役職の高い人には特に効果的な方法ですね♪

 

名刺交換のテクニックについては大体以上ですが、交換が終わってからが商談の本番です。いくつか注意点を挙げておくと、

●応接室では上座に座る
●バッグは足元の床に置く
●相手に薦められてから着席する
●薦められるまでお茶やコーヒーの類は飲まない

あたりでしょうか。

慣れればなんてことはない簡単なことばかりですので、最初は緊張するかもしれませんが新入社員は丁寧すぎるくらいでいいので一つ一つ確認しながらやっていきましょう

こういった基本的なビジネスマナーはありますが、本当に大切なのは相手に対して敬意を払うこと
そういった気持ちがマナーのこもった行動を産むものです。

自社のビジネス、相手方のビジネス双方に対して真摯で向き合えるようなビジネスマン・ビジネスウーマンを目指しましょう!!

>>当サイト人気ランキングNO1の名刺入れはコチラ<<

このページの先頭へ