就活中の学生以外も名刺を持つ時代

今日大学1年生の方と話をする機会がありました。

今年入社した新卒の弟らしく、会社主催のフットサルに飛び入り参加。
さすがに若いだけあって動きが早い早い。

元々サッカー部だったらしいので、なおさら上手くみえましたねぇ。

こっちも一応元サッカー部とはいえ完全にロートル。
ギリギリ勝利はしましたがあと10分時間があったら危なかったなぁ。

その後ファミレスで二次会したんですが、その大学一年生の弟さんに名刺を渡されました。

私は休日で緊急用に財布に入れている名刺もちょーど切らしていたので名刺交換は出来なかったんですが、最近の学生さんは名刺もってるんですねぇ。
普通の所属している大学の学部と名前が記載されている名刺。

偏差値の高い大学だから所属欲みたいなのが満たされているのかもしれませんね。
その子は別に全然就活とかもしてないみたいだし。
ま、一年生で就活意識しているのも考えものだと思うけどw

私の学生の頃なかは学生が名刺を持つ習慣なんてまるでなかったですよ。

就活中でも全く使っていなかったように思う。
入社する時に親父に名刺入れをはじめて買ってもらいましたからね。

もしかしたら私の知らないことに学生達は名刺を利用しているのかもしれません。

名刺ってのはちっちゃな紙切れですが己のアイデンティティが詰まっていますからね。
自分はこういうモノです!ってことを示す存在ですから。

私はかれこれ今の会社で働き始めて十数年。

いまやこの会社以外の名刺をもつってことは考えられませんね。
おそらく今後転職をすることもないでしょう。

会社がつぶれちゃえば別ですがね・・・w
今日はフットサル頑張ったから明日は筋肉痛だろうなぁ。
でも通常の疲労感よりもフットサルの後の疲労感は爽快感がある。

翌日のストレスも少ないような気がするし。

明日は重要な会議と商談があるので、しっかり睡眠とって英気を養うことにしますかね!

>>当サイト人気ランキングNO1の名刺入れはコチラ<<

記事一覧

 

このページの先頭へ